メニュー

新地方公会計 統一的な基準による固定資産台帳・財務書類作成セミナー

平成27年1 月に総務省から「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が公表されました。
平成28 年度決算において新基準(複式簿記)による固定資産台帳作成と財務書類作成が求められております。この状況を受けまして、総務省マニュアルの解説だけでなく実務経験に則した注意点等を議題とし本セミナーを開催いたします。

会場・日時等
日時 平成28年4月11日(月) 13:30~16:30
会場 とちぎ福祉プラザ 第2研修室(栃木県宇都宮市若草町1-10-6)
受講料 参加費無料
定員 70名
研修内容
1.開始固定資産台帳の作成と活用 (13:30:~14:50)
  • 総務省マニュアル「資産評価及び固定資産台帳整備の手引き」解説
  • 固定資産台帳整備実務各論と重要論点
財務書類作成の実務 (15:00:~16:30)
  • 総務省マニュアル「財務書類作成要領」解説
  • 財務書類作成実務各論と重要論点
講師紹介
講師 エスティコンサルティング㈱ 常務取締役 鈴木利勝
一般社団 地方公会計研究センター理事(茨城県公会計講師)
一般社団法人 地方公会計研究センター のご紹介

「公会計改革に協力する会計人の会」が平成25 年2 月法人化しました。
全国300 の自治体の公会計実務をサポート。自治体の担当職員の参加も得て、51 回にわたる研究実績、2冊の書籍発行等、公会計には多くの実績があります。

FAXでお申し込みの方はこちら