メニュー

《2019年5月21日開催》統一的な基準による財務書類作成実務セミナー

 平成29年度分決算より日々仕訳導入の自治体様も、統一的な基準による財務書類作成が開始致しました。いよいよ全自治体様の足並みが揃い始めています。
 そのような中で、財務書類の作成における課題や注意点など、様々な懸念事項も生じています。「活用・分析」にいち早く取り組み、行政活動に繋げることは大変重要ですが、まずはご担当者様の理解度を高めなければなりません。
 そこで、今回のセミナーでは、、「適正な財務書類の作成方法」について基礎的な内容から注意すべきポイントまで、この1年間で生じた新たな課題や注意点を加えて徹底的にお伝えします。公会計システムさえあれば、財務書類が作成出来るものではなく、その過程には公会計に関する高度な知識や技術が必要となります。
 是非この機会にご参加頂き、今後の固定資産台帳更新、及び、財務書類作成にお役立て頂ければと思いますので、奮ってのご参加お待ちしております。

会場・日時等
日時

2019年5月21日(火)

  13:30~16:30 (受付13時より)
   ■ 適正な固定資産台帳の更新作業
   ■ 適正な財務書類の作成作業
   ■ 財務書類の解読
   ■ 公会計の活用・分析
   ■ 総務省公表資料の解説       など

会場

とちぎ福祉プラザ

 2階 第1研修室(栃木県宇都宮市若草1-10-6

受講料 無料
定員 40名
講師紹介
講師

税理士法人アミック&パートナーズ 公会計事業部

一般社団法人地方公会計研究センター 研究員

                  秋山 祐之

FAXでお申し込みの方はこちら