メニュー

働き続けることが健康寿命を延ばす

出口治明氏の著書『還暦からの底力』に、次のような記述があります。
「長寿社会は人類の理想ですが、いくら長生きできても寝たきりになっては意味がありません。健康寿命を延ばし、人生100年時代をエンジョイするためには、年齢を気にせず、働き続けることです。年齢、性別フリーのダイバーシティーな環境に身を置き、自分の頭で考えることで、人生をより豊かにできます。」
出口治明氏は、ライフネット生命の創業者で、現在73歳になりますが、立命館アジア太平洋大学の学長を務めておられ、著書も数多くあり、まさにバリバリ働き続けていらっしゃいます。
「働き続けることが健康寿命を延ばすことにつながる」というのは全く同感です。私もできる限り長く働き続けようと思っています。

H.Y