メニュー

光陰矢の如し

昨年の1月に子どもが生まれたと思っていたら、気づけば1年が経過しておりました。社会人になってから月日の流れを早く感じることがありましたが、この一年は今まで感じた中でも一番の速さで時間が過ぎていきました。
子どもの成長は早いと聞いてはいましたが、前兆無しに立ち始めるなど驚きの連続で感動に浸っている時間もありません。私の見ていないところで初めてのことをするなども多く一緒にいられる時間を大切にしたいと思う今日この頃です。
これから月日の流れはより早くなっていくように感じることになるのだと思います。その限られた時間を漫然と過ごすのではなく、有効活用していきたいと思います。

T.O