メニュー

柿の木

我が家が建てられた時に、今は亡き祖父が庭に柿の木を植えてくれました。
その柿の木は毎年秋に大きな実をいっぱい実らせ、それを収穫して食べるということが当たり前になっていました。
しかし今年、そんな柿の木を伐採することになりました。
両親も歳を重ね、虫や鳥から木を守り、落ち葉や伸びる枝を剪定したりと、この先のお手入れを考えた上での決断とのことでした。
眺めるだけの私でしたが、祖父が植えた時のことを思い出すとなんとなく寂しさを感じます。
時間とともに窓から見える景色も変わっていきます。
コロナ禍で大変な時ですが、今を大切に生活していきたいと思います。

S.N