メニュー

珈琲の効果

皆さんはどんなときに珈琲を飲みますか?朝はじめに1杯、仕事休憩中に1杯、気分転換に1杯と、一日に何杯も珈琲を口にするといったビジネスマンも多いのではないでしょうか。今回取り上げる珈琲の持つ効果は下記の通りです。

 ・覚醒作用
 ・活性酵素を抑制、シミやしわに効果
 ・動脈硬化や心臓病の予防
 ・脂肪燃焼効果あり
 ・肝臓がんの発症リスクを下げる
 ・リラックス効果
 ・糖尿病や認知症の予防

上記のような効果を期待することができますが、飲む時間帯によっては効果が薄れることがあります。お勧めの時間帯はコルチゾールというホルモンが下がりはじめる午前9時半~11時半ごろの時間帯が良いとされています。上手に珈琲を活用して皆さんの仕事の良き相棒にしてあげてください。

S.Y