メニュー

セルフメディケーション税制と従来型の医療費控除の提出書類について

 平成29年分の確定申告より従来型の医療費控除と選択で、セルフメディケーション税制が適用可能になりました。また、従来型の医療費控除の提出書類も見直しが行われましたので、以前こちらでご説明したことと一部重複するところもありますが、ご説明させていただきます。

1 セルフメディケーション税制の提出書類

 次の(1)の書類を確定申告書に添付し、かつ、(2)の書類を確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の際に提示して下さい。

 (1) 医薬品等購入費の額につき、領収書などに基づく、次の事項の記載のある明細書

   ① 特定一般用医薬品等購入費の額
   ② 特定一般用医薬品等の販売を行った者の氏名又は名称
   ③ その特定一般用医薬品等の名称
   ④ その他参考となるべき事項

    なお、領収書の提出は不要ですが、税務署から求められたときは、提示又は提出する
   必要がありますので、5年間保存していただく必要があります。

 (2) セルフメディケーション税制の適用を受ける方が、その適用を受けようとする年分に
    一定の取組を行ったことを明らかにする書類
    ( 氏名、取組を行った年及び取組に係る事業を行った保険者、事業者若しくは市区町村の名称又は取組に
     係る診察を行った医療機関の名称若しくは医師の氏名の記載があるものに限ります )

   この一定の取組を行ったことを明らかにする書類は、取組の種類に応じて、具体的に次の
   書類が該当します。

   ① インフルエンザの予防接種又は定期予防接種(高齢者の肺炎球菌感染症等)の領収証
     又は予防接種済証
   ② 市区町村のがん検診の領収証又は結果通知表
   ③ 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
      (注) 結果通知表に「定期健康診断」という名称又は「勤務先名称」の記載が必要です。
   ④ 特定健康診査の領収証又は結果通知表
      (注) 領収証や結果通知表に「特定健康診査」という名称又は「保険者名」の記載が必要です。
   ⑤ 人間ドッグやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収証又は結果通知表
      (注) 領収証や結果通知表に「勤務先名称」又は「保険者名」の記載が必要です。

   ③~⑤の(注)に記載のとおり、領収書や結果通知表に「勤務先名称」や「保険者名」
   などの記載が必要ですので、健康診断などを受けられる際にはご注意ください。

2 従来型の医療費控除の提出書類

  平成29年分の確定申告から、医療費の領収書の提出が不要になりました。その代わりに、
 「医療費控除の明細書」の添付が必要になります。
  平成29年9月付で明細書の様式が国税庁HPに表示されました。( 参照:国税庁の明細書様式 )
  健康保険組合などが発行する「医療費のお知らせ」など、「医療費通知」に記載された医療費
 の額など生計を一にするご家族の医療費について、医療を受けた人ごとに、病院・医院・薬局毎
 にまとめた医療費の額などを 記載する必要があります。また、領収書の提出は不要ですが、
 税務署から求められたときは、提示又は提出する必要がありますので、5年間保存していただく
 必要があります。

3 終わりに
  
 以前お伝えしたとおり、セルフメディケーション税制を従来型の医療費控除は、どちらか一方を選択して適用することになります。また、領収書の提出は不要になりましたが、5年間は保存していただく必要があります。
 どちらが有利かの判定も一年間の合計額を検討して判定する必要がありますので、領収書や健康診断などの結果通知表をきちんと保存していただくようお願いいたします。