メニュー

助成金の活用 ~パートから正社員へ転換~

今回はキャリアアップ助成金「正社員化コース」についてご紹介します。

 子供が中学生になったから正社員として働かせてもらいたい―。とか、フルタイムの時給パートとして採用したものの、日ごろの働きぶりを見て正社員にしてあげたい―。といった理由からスタッフを正社員に転換したいと思ったことはございませんでしょうか。

 厚生労働省が発表する助成金の中で、このような実施に対し、助成金を申請できる仕組みがあります。それが、キャリアアップ助成金「正社員化コース」です。

まず気になる受給金額は、次のとおりです。

① 有期 → 正規 1人当たり57万円、生産性向上が認められると72万円
② 有期 → 無期 1人当たり28万5,000円、生産性が認められると36万円
③ 無期 → 正規 1人当たり28万5,000円、生産性が認められると36万円
※全て中小企業の額を表示 ( 大企業は額が異なります )

これに、母子家庭等の加算等いくつかの加算要件が発生します。

 もともとキャリアアップ助成金が、非正規雇用労働者 ( 有期契約、短時間、派遣など ) のキャリアアップを促進するための助成金ですので、制度を上手に活用して、非正規雇用労働者の意欲向上と、有能なスタッフの確保を行えると良いでしょう。

 助成金を申請する場合、計画申請や就業規則の整備、スタッフへの周知、転換試験の制度化など必要な手順がありますので、良く確認してから進める必要があります。弊社でも相談対応や申請代行をしておりますので、お気軽にご相談ください。

 最近は人材難で求人しても人が集まらない時代になってきています。給与が安いからという理由だけでパートのままにしていると、正社員として雇ってくれる企業に転職される危険性もありますので注意が必要です。

 また、このキャリアアップ助成金には、他にも「人材育成コース」や「健康診断精度コース」等いくつか設定がありますので追ってご紹介させていただきます。