メニュー

自動車関係税の大幅見直し


1 はじめに

    2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられました。それに合わせて、自動車を保
    有することに伴う税金を引き下げ、需要の喚起に努めるとともに、新車代替の促進により
    燃費性能の優れた自動車や、先進安全技術を搭載した自動車の普及を図っています。
    ここでは、主要な自動車関係税の変更点について簡単に述べさせていただきます。


2 自動車税の税率引き下げ

 
     2019年10月1日以後に新車の新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)から、小型自
     動車を中心に、全ての排気量について、自動車税を下記の表のとおり引き下げます。

    

     なお、軽自動車税については、変更されませんでした。


3 自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

 (1)環境性能割

     2019年10月1日以後、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されました。
     詳しくは下記の表のとおりです。

    

     ※★★★★:平成30年排出ガス規制からNOx50%低減達成車又は平成17年排出ガス規制
           からNOx75%低減達成車(以下同じ)。
     ※「2020年度燃費基準+○%達成車」は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律
      (以下「省エネ法」)に基づき設定された、2020年度を目標年度とする自動車の燃費
      目標基準を○%以上達成している自動車(以下同じ)。
     ※「2020年度燃費基準達成車」は、省エネ法に基づき設定された、2020年度を目標年度
      とする自動車の燃費目標基準を達成している自動車(以下同じ)。
     ※「2015年度燃費基準+10%達成車」は、省エネ法に基づき設定された、2015年度を
      目標年度とする自動車の燃費目標基準を10%以上達成している自動車。

 (2)環境性能割の臨時的軽減

     自動車の取得時の負担感を緩和するため、2019年10月1日から2020年9月30日までの1年
     間に取得した自家用車(登録車及び軽自動車)について、環境性能割の税率を1%軽減さ
     れました。
     詳しくは下記の表のとおりです。

     登録車
    

     軽自動車
    


4 グリーン化特例の大幅見直し

     これまで、自家用の乗用車(登録車及び軽自動車)購入の際に、燃費性能に応じて、購入
     翌年の自動車税及び軽自動車税が軽減されてきました(グリーン化特例といいます)。
     このたび、環境性能割の導入に伴い、グリーン化特例の対象を、電気自動車等に限定する
     ことになります。
     なお、消費税率引き上げに配慮し、2021年4月以後に新車新規登録等を受けた自家用の乗
     用車から適用します。
     詳しくは下記の表のとおりです。

    


5 おわりに

    自動車の取得・保有に係る税金は複雑ですが、今回の改正で全体的には減税され、消費税
    の増税に伴う負担が軽減されています。環境性能や安全性能など、総合的な車両ご購入の
    ご判断の一助になれば幸いです。