メニュー

家族になる

 娘のアナグラムが大好きです。ときにアナグラムを超越することがあり、最近のヒットは『モンぐり(モンブラン)』と『なとりパン(ナポリタン)』。意味まで含めて娘の頭の中が奇跡を起こしているのだろうなと、微笑ましくなります。
 こういうやりとりのひとつひとつ、それにどう反応してやるかで娘の成長は決まり、その積み重ねによって家族になっていっているのだと感じています。ときに笑い、ときに叱り、導き導かれる、その積み重ねで創り続けていかれる現在を、感じています。
 先達の「会社は家族」という言葉の真髄に、少し近付けただろうかと願います。成功も失敗も、社員と正しく家族のように付き合うことでしか得られない何かを感じ始めました。その延長に、クライアントもあります。クライアントの皆さんと家族のように在れるようになって初めて、創られる未来があると。
 家族という枠組みは初めから与えられていても、真の家族になるには相応の熱量が求められるのでしょう。その熱量を発し続けられるよう、頑張っていきたいと思います。そう思考の道程を与えてくれた娘と妻に、改めての感謝を。

K.M