メニュー

定年の引き上げ

 平成28年10月に「65歳超雇用推進助成金」についての詳細が厚生労働省から発表されました。具体的には、高齢者の雇用促進を目的として、65歳以上への定年の引上げ、定年の定めの廃止、希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入のいずれかを導入した事業主に対して行う助成制度とされています。(出所:厚生労働省・独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構「65歳超雇用推進助成金のご案内」)
 いよいよ65歳超の助成金の話が出てきたところを見ると、高齢化問題が深刻になってきたと感じます。平成29年1月には育児介護休業法も改正され介護についても身近な問題になってきています。企業としては、何を事前に行うべきかを見定め、高齢化を前に必要な対策を取っていただく必要があります。
 弊社では、必要な組織の取り組みや規程の整備も行っておりますので、いつでもご相談下さい。

T.T