メニュー

ハプスブルグ展

国立西洋美術館で1月26日までやっている、ハプスブルグ展に行ってきました。
ハプスブルグ家はご存じの通り、オーストリアを中心にスペイン、イタリアの王族として栄え、フランス革命でルイ16世と共に処刑されたマリー・アントワネットもその一族でした。
今回は日本とオーストリアの友好150周年記念とのことで、ウィーンの有名な美術史美術館から多くの作品が来ています。アントワネットやマリア・テレジアの肖像画や、デューラーなどの作品を始め、西洋の甲冑や王冠、宝飾品など、名家の権勢を示す贅沢な展示になっていますので、日常を忘れたい方にもお勧めです。

A.T